婦人

組織改善を成功させよう|経営を捗らせるあらゆる方法

法人用実印の種類

オフィス

法人用の実印を作製する際は、まず法人用の実印の種類について把握しておく必要があります。まず代表者印。これは主に会社を立ち上げる際に必要となります。保有するのも基本的に経営者です。設立登記をする際、これから紹介する別種類の実印も持っていく方もいますが、設立登記のときに必要となるのはこの代表者印1つです。法人用の実印はこの代表者印以外にも、法人銀行印や角印などがあります。法人銀行印は法人が会社名義で銀行口座を開設する際に必要となる印鑑です。角印は主に業務の中で使用する印鑑です。いわゆる「認印」がこの角印にあたります。このように、法人用の実印には様々な種類があります。今紹介した3つの実印は、専門業者を通して3つまとめて作ってもらうことができます。

法人用の実印製作は、それを専門としている専門業者に依頼しましょう。それぞれの会社に特徴や利点があるので、それぞれの会社の特徴を把握し、安く良い実印を手に入れましょう。基本的に専門業者は、代表者印、法人銀行員、実印の3つをまとめて製作、販売してくれるので、セットでいくらで購入できるか、という部分をチェックしてみるとよいでしょう。価格は実印の素材や機能性によって大きく違ってきますが、安く抑えればセットで1万円前後で購入できます。象牙のような高級素材を使用した実印を作るとなると、5万円以上の値が付いてしまうこともあります。専門業者は不定期でキャンペーンを展開しているので、キャンペーンの利用を検討してみるのもよいかもしれません。